Home » ノウハウ » サイト企画 » サイト企画書の構造

サイト企画書の構造

 

サイト構築背景

サイトを構築する、その背景となる事を整理します。

事実中心で、あまり自分の考えをあまりいれない形でデータ出しを行います。  サイト企画書の構造

サイト構築目的

 背景の中から、特に解決すべきポイントを見つけ、誰に対して(ターゲティング)、何の  ためにサイトを構築するのかを明確にします。

 ・ターゲットの絞込
  属性による絞込:地域、性別、年齢、役職、部署
  感性による絞込:趣味、嗜好、考え方

 ・ターゲットに対する効用
  構築するサイトがターゲットにもたらすメリット

サイト構築目標

 何を達成したらサイト構築が成功かを、なるべく定数目標で出します。

 情報を提供するポータル系サイトであれば 月間PV数:   万PV
 ショップサイトであれば、 月間売上げ  万円
  企業サイトであれば、 問い合わせ件数  件

プラン

上記の段階までを整理して、はじめてサイトのプラン作りを行います。

・コンセプト(方向性)
  →サイト作りにおけるルール
 ・作りたいページのリストアップ
  →サイトマップ作り
 ・デザインの方向性
  →デザインテイスト決め
 ・サイトに必要な機能の洗い出し
  →組み込むシステムのリストアップ

その他

 ・参考サイトのリストアップ
  自社が構築したいサイトに近いサイトを検索して見つけておくと、制作者とのイメージの
  共有に役立ちます

お問い合わせ