Home » ノウハウ » 企業にとって自社サイトの意味

企業にとって自社サイトの意味

企業が自社サイトを構築する際に、構築する意義として下記3つがあげられます。

この全ての要素を含む時もあれば、一つだけの時もあり、その企業の事業段階の各フェーズによって重点要素が変わってきます。
自社サイトを立ち上げる際には、どの要素を重点にして立ち上げるのかまず明確にする必要があります。 自社サイトの意味

売上げアップ

 特にBtoBの事業を行っている企業にとっては、この要素が大きくなってきます。
 
 ・サイト閲覧により案件の受注を得る
 サイトを第二の営業マンとして、サイトから直接案件を受注できるしかけをサイトに施しておきます。
 ・営業マンの側面支援
 商品(サービス)紹介ページを構築し、営業マンが説明しきれなかった分までサイトでフォローします。

人材募集

 今の時代、ほぼ就職希望者は企業サイトをチェックし、自分が受けようと思っている企業がどんな企業か調べます。

 ・募集要項
  どんな人材を今求めているのか、会社の業況に合わせて掲載します。
 ・企業理念
  自社がどんな企業か、ミッション、ビジョンなどを通じてプレゼンします。

社会的信用

 銀行での口座開設時に銀行は企業サイトをまずチェックします。それほど、サイトの有無は社会的信用につながります。
 社外の人間にとってはその企業と取引しても良い企業なのか、企業サイトがその判断基準となります。

お問い合わせ